讃岐うどんツアー 番外編 おそるべきさぬきうどん制覇リスト たまにはいいでしょ!ラーメン リンク集


【営業時間】12:00-14:00,18:00-27:00(AM3:00)
【定休日】無休
【住所】京都市上京区丸太町通日暮西入南伊勢屋町757-2

地下鉄東西線二条城前駅1番出口から堀川通を北へ、丸太町通を左折。徒歩8分。

【定番メニュー】ねぎらーめん950円(危険につきカウンター席のみ!)

ちょっ辛ラーメン800円 バンバンジーメン750円 水ギョーメン730円

【サイドメニュー】ギョーザ 唐揚げセット 焼きめし クリコロセットなど 詳細はこちら
京都で面白いラーメン屋ってどこ?って聞かれたら迷わずこの めん馬鹿一代 と答えるだろう。
めん馬鹿一代の「ねぎラーメン」と言えばテレビの取材などでもお馴染みなのだ。なぜそんなに有名なのか。ラーメンが見えなくなるほどに乗せられた大量の九条ネギ、それだけでも十分迫力なのだが、驚くべきはその作り方です。
この店でカウンターに座り、ねぎラーメンを注文したら、あるショーの始まりなのです。お客さんはもう店員の支持に従うしかありません。 まず、「これを着て下さい」と紙エプロンを渡される。 その後カウンターにあるレジや備品などにタオルが掛けられて、何かものものしいムードに…
いよいよラーメンがカウンターにラーメン登場。しかし、すぐには食べられない。店員さんの矢継ぎ早の指示が続く。 「ラーメンはまだ食べないで下さい」「水、灰皿、タバコは下の棚に隠して下さい」「絶対に席から逃げないで下さい」「決して立ち上がらないで下さい。椅子が油で汚れて座れなくなります。」「手は後ろに廻してラーメン鉢は触らないで下さい。」「さぁ、ショーの始まり始まり〜!」
ネギを入れてネギの風味を移したネギ油をラーメン鉢の大量のネギにジューとかけると・・・
見よ!炎!炎、ほのお、火柱!危ない〜!

炎が消えた後、煙立つ。ねぎラーメンの出来上がり!

こうした行程を経てようやく名物ねぎらーめんが食べられます。
見せ物なだけかと思いきや味も美味しい!!ネギが香ばしく、チャーシューはネギの下にたっぷりとあり、値段は950円とちょっと高めですが、この不思議な感覚を体験したあとでは納得いきました。
開店前から長蛇の列です。果たして最初の一団で入店できるのか? 「危険につきカウンター席のみでのご提供」ネギラーメン!と書いてます。

お店で食事をすれば、駐車場のサービス券をもらえます。

サービス精神旺盛な店主が撮ってくれた花鳥たち(右から健ちゃん、花鳥、みっちゃん)

花鳥は初めての訪問(2002/3/10)時にはあまりにもの警戒体制と炎が上がらないこともあるので、シャッターチャンスを逃し、炎をうまく撮れなかった。したがって、翌日のお昼に再訪問し、お店の人にご協力を得て写真の撮り直しを敢行した(笑)。

| HOME | | TOP | | BACK | | NEXT |
トップページへ ラーメントップへ 天天有へ 黒門らーめんへ